農業による環境破壊と微生物

PR|ISO9001セミナーはこちら

地球上の人口を養うため、現代的な農業技術は非常に重要です。かつて、地球は人口爆発後の人口を養うには小さすぎるといわれていましたが、緑の革命によって農業生産は飛躍的に向上し、世界規模の飢餓は避けられました。緑の革命とは、農薬や化学肥料を使うことで農業の生産性が向上し、現代的農業の技術が確立されたことをいいます。

しかし、緑の革命によって新しい環境汚染が出現したことも事実です。農薬は生態系に悪影響を及ぼすことがありますし、多すぎる化学肥料は土壌汚染につながります。また、農薬や化学肥料を生産するためには有限の地球資源を使います。農薬や化学肥料を大量に使用する慣行農業は持続可能性が低く、環境問題とのつながりも深いです。

このような現代農業の課題を解決する存在として期待されているのが微生物です。微生物は土壌を豊かにし、植物と共存しながら農業生産をアップさせます。微生物の力を最大限に活かした農業技術は現在開発・普及の途上にあります。未発達の部分もありますが、将来的には環境問題や食料問題を解決する希望のひとつです。

PR|ショッピングカート|家計見直しクラブ|JALカード|アフィリエイト相互リンク|お家の見直ししま専科|GetMoney|初値予想|生命保険の選び方|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|童話|心の童話|お小遣いNET|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|