ゴミ・神の減量は計画的にパート1

投稿者: | 2017年8月22日

数年前大企業と言われる企業で社内焼却炉をなくす事業にかかわった。
トップダウンで方針が出された。

先ず工場無い打ち合わせか数回開催された。
まとまった意見を東京の本社で大枠が決められた。

先ず焼却炉を一月止める。
そのためにゴミの減量と紙ベースで行っている仕事をなくす。
このことが決定された。

先ずゴミ処理を外注することに決め、業者を選定した。
これはすぐに決まった。
次に書類を紙ベースにする事だった。
社内には個人のPCの配布、供給はなされていなかった。

特に工場では三交代で仕事をしているため数人に一台であった。
この状態で使うと日勤が常に使っているPCを共有することになる。
個人の記録など丸見えである。

でもトップダウンで命令されているため実施に至った。
すると本社人事課のデータまで丸見えの状態が続いた。
私も面白いので時間があると覗き見していた。

役員の給料・社長の給料など丸見えで面白かった。
一月位経ち色々なうわさが゜たち取りやめになった。

情報セキュリティマネジメントシステムISMSでは完全失格ですよね。

教訓第1

紙及びゴミの減量は良く考えて行わなければならない。