業務の効率が下がらない程度には当たり前に節約

投稿者: | 2017年10月10日

ISO14001を取得している職場、特に事務所やバックヤードでは当たり前のように節約をします。まず、紙といえばコピー用紙。ミスコピーの内容に気を付けることはもちろん、使わない紙やミスコピーの用紙はメモ用紙=裏紙としてできるだけ無駄にならないようにします。また手の空いた事務スタッフが増えてしまったこうした裏紙をまとめて、伝言メモ用紙として使えるようにカットしたものをボンドで糊付けしてメモ帳のようにして使いやすくしてくれたりすることもあります。
また、容器のゴミを減らすために職場で使用する文房具類やハンドソープなどは詰め替え用のものを用意しています。
電気は、使わない照明を消す、エアコンの設定温度に気を付ける、社長が自ら天井の蛍光灯を3本から2本へ減らしていたこともありました。電球をLEDに変えることも節約につながります。
一つ一つは小さなことですが、積み重なれば大きなコストカットですから、業務効率に支障がない程度には職場全体で節約に取り組むとよいと思います。