個人単位でできる範囲の節約を心掛ける節約術

投稿者: | 2017年9月20日

ISO14001の人材育成にいまいち関心のない私の職場では、会社全体での節約というよりは、個人単位での節約を促している程度です。
まず紙についてですが、必要最低限の枚数を使うようにすることはもちろんですが、裏紙を使用することもしています。
使用済みもしくは失敗したコピー用紙などを小さく裁断し、メモ用紙として使用します。
ゴミに関しては、なるべく量を減らす工夫をしています。
例えば紙類であれば小さく丸めたりシュレッダーにかけたりしますし、ペットボトル等は潰して小さくします。そうすることでゴミの分量を減らすとともに、使用するゴミ袋も節約できます。
電気については、空調の温度設定を最小限にする努力をしています。使用していない部屋の電気はこまめに消すようにしていますし、コーヒーメーカーなど、社員退社時には必要なくなるものに関しては待機電力を減らすよう、コンセントを抜くように心がけたりもしています。
一つ一つは小さなことだとは思うのですが、それぞれができる事を少しずつやっています。